© 2019 S et M SetM OfficialWebSite

​S et M

 

​PROFILE

S et M(エス・エ・エム)

女優・松田美由紀とシャンソニエ・聖児セミョーノフの二人によるアーティストユニット。

松田美由紀 Miyuki Matsuda

1979年女優としてスクリーンデビュー。その後、テレビ、映画、舞台と数々の作品に出演。代表作にテレビ「探偵物語」、映画「ちはやふる」、「二つ目の窓」 。演技幅の広い個性派女優として定評がある。その他「松田優作全集」でアートディレクションを手がけたことを皮切りに、表現の幅を広げフォトグラファーとしても活躍。写真集 「私の好きな孤独」 や、短編監督作品など、マルチな才能で『S et M』ユニットでは歌も歌う。

聖児セミョーノフ Seiji Semenov

ユダヤ系ロシアのルーツを持つ日本人シャンソン歌手として、東京・京都を拠点に音楽を核とした表現活動を行う。シャンソン、キャバレーソング、ジャズ、クラシック、オリジナルなど幅広いレパートリーを持ち、ステージでは朝丘雪路、中嶋彰子の相手役を務め、自身の音楽アルバムにはピエール・バルー、松田美由紀が参加するなど、個性的でワールドワイドな表現者との共演・共作が多い。フランスにおいては劇場公演やパリ市主催イベントにて歌と日本舞踊のステージを務めた。